O-DESiGN

オカムラのオフィスデザイン事例サイト
 
公共施設・複合施設
Case Number 100101
官庁舎施設

在日フランス大使館 様

庁舎

在日フランス大使館新庁舎の建設は、2008年の日仏交流150周年に当たり、日本におけるイメージの刷新、活動の活性化、戦略的パートナーとの関係強化をめざすフランスの象徴的な事業として行われました。部門の一部は近隣の賃貸ビルに分散していましたが、近代的で機能的な新庁舎に集約することで、日本のパートナーや在日フランスコミュニティに対して、より一層のサービス向上を実現しました。新庁舎の建設は、MiNTAKコンソーシアム(日仏の企業連合)との革新的なパートナーシップによるものです。これは、三井物産、野村不動産、竹中工務店、パリ空港公団建築事務所、久米設計で構成され、大使館の新庁舎を設計、建築、整備するほか、15年間のアフターメンテナンスを担います。フランス大使館の広大な敷地の中には、徳川幕府時代からのこる庭園があり、フランスは歴史遺産を極めて重視する立場から、庭園にダメージのないよう環境調和型の新庁舎を建設しました。

お問い合わせ

オフィス家具・店舗用什器メーカーとして、トップクラスのシェアを誇る岡村製作所では、様々な業種のお客様にフィットするオフィスのソリューションをご提案しています。オフィス移転オフィスレイアウト、デザインでお困りのお客さまはどうぞお気軽にお問い合わせください。

さらに詳しい情報をお知りになりたい方は、オカムラのオフィス構築ソリューションokamura e-officeまでお気軽にご相談ください。

TOP